玄米酵素の放射性物質に関する安全性について

※株式会社玄米酵素のページから転載

Q. 玄米酵素の原料に関して、放射能汚染は大丈夫ですか?
A. 現在の原料はすべて昨年秋に収穫された玄米・胚芽表皮、大豆を
  使用しておりますので、放射能汚染の心配は全くありません。
  震災直後、韓国と台湾からは放射能に汚染されていない旨の証明書提出が
  義務づけられました。その際、日本食品分析センターで検査をいたしましたが、
  全く問題ありませんでした。
  アメリカ・カナダは輸出国の検査を信用せず、全て自国で独自に検査をしています。
  震災後、アメリカ・カナダへの輸出は継続しておりますが、問題なく輸出できて
  おりますのでご安心ください。

Q. 今年の秋以降の原料についてはどのようにする予定ですか?
A. 原料に使用している玄米、大豆は北海道産を使用しています。
  2011年秋以降も北海道の契約農家で収穫した玄米、大豆を使用します。
  胚芽・表皮は一部本州産が含まれますが、2011年10月以降は、消費者庁が
  発表している「食品の出荷制限・摂取制限の地域」以外の原料を使用します。
  仕入れ先からは、出荷制限・摂取制限の地域以外である旨の証明を取って
  確認します。さらに、2011年の秋以降に収穫される全ての原料(北海道産も含む)
  について、工場への入庫段階で放射線量を独自に計測いたします。
  放射線検査の基準につきましては、当社独自の安全基準を作成して対応します。
  当社独自の安全基準の詳細は、決まり次第随時広報誌などでご連絡する予定です。

Q. 製品はいつから今年収穫の原料になりますか?
A. 胚芽・表皮は今年の10月頃から、玄米や大豆は来年の1月または2月頃
  切り替わる予定です。

ページトップへ