トライアルモニター様の声 1

「トライアルモニター様の声」



1446 便秘や胃痛が少なくなりました

2015-11-26 20代 女性

■お試し前
肌荒れや便秘、胃痛がよくありました。

■食味
粒というか、粉状なので…少し飲みにくく感じました。

■食べ方
水と一緒に飲みました。

■試し方
毎食後1袋ずつ、お酒を飲むときはその前にも1袋飲みました。

■お試し後
便秘がなくなりました。
胃痛もあまりしなくなりました。

■感想
もう少し試してみたいなと思いました。
ありがとうございました。

店長からのメッセージ

食べたものやお酒などが消化不良の状態で胃腸に残っていると不快な症状がありますよね。
ハイゲンキの消化酵素は、まず食べたものの分解を助けてくれます。
そして、腸内では玄米の食物繊維が水分を吸って便量を増やして、すっきりとした排泄を促してくれます。
もちろん、食物繊維は善玉菌のエサにものなりますので、少しずつ腸内環境を改善していってもくれます。
よろしければぜひお続けください。
ありがとうございました。



1450 体に良いものを飲んでいるという満足感や安心感はありました

2015-12-16 40代 女性

■お試し前
便秘気味、疲れやすい、不眠、肩こり、冷え性、動悸

■食味
問題なし。

■食べ方
水で少しふやかす感じで。

■試し方
食後やおやつ後に。
1週間ほどで飲み切りました。

■お試し後
少し便秘が解消したかな〜と、わかりづらい範囲ではあります。
劇的なものではありませんでした。
体に良いものを飲んでいるという満足感や安心感はありました。

■感想
美容(お肌の状態)の効果を一番期待してモニターさせていただきましたが、即効性は今のところ感じることはできませんでした。
美容目的としては、継続的な服用が必要なのかなと思います。

店長からのメッセージ

飲みはじめに、すぐお肌に湿疹などが出てから、回復してきれな肌になる場合があります。
体内に老廃物が溜まっている場合はすぐに出てくることもあるようですが、 まずは腸内環境が整って、内臓の状態が良くなってくると、お肌も徐々に美しくなっていくと思います。
不眠、肩こり、冷え性などから、少し運動不足で筋肉量が少なくなっていませんか?
あるいは体温が低くなっているかもしれません。
ハイゲンキを続けていただいて、徐々に改善されてくるとお肌もきれいになっていくかと思いますが、 ちょっとした運動やストレッチなども併用されると良いかと思います。
ありがとうございました。



1445 お腹がきちんと空くようになった

2015-11-25 30代 女性

■お試し前
便秘と下痢、冷え性

■食味
香ばしいところが好きです。

■食べ方
そのまま噛んで食べました。

■試し方
朝、夕食後に2袋ずつ。(1日4袋)

■お試し後
食欲が出た。
お腹がきちんと空くようになった。

■感想
スピルリナ入りよりもプレーンの方が美味しい。

店長からのメッセージ

ハイゲンキにはさまざまな酵素が含まれていますが、 すぐに効果を実感できるのは消化酵素です。
胃もたれや食べすぎ、お酒を飲んだ後、油っこいものをたべた時など、 ハイゲンキを多めに飲んでいただくと、すっきりすることがあります。
どうぞお続けくださいませ。
ありがとうございました。



1444 体によいと実感できましたので、今後も続けていきたいと思っています

2015-11-12 40代 女性

■お試し前
朝起きて疲れが取れてなく、常に倦怠感があり、仕事を乗りきるために、栄養ドリンクを飲んで過ごしていました。

■食味
最初は、粉っぽさが食べづらかったです。
プレーンは、ジャリジャリした舌触りで、スピルナ入りのほうが、好きです。

■食べ方
口に粉を入れ、お茶を少しふくませながら食べています。

■試し方
朝に二袋づつ、疲れがひどいときは、さらに午後に二袋一週間食べました。

■お試し後
疲れが少し改善してきたように、感じます。
体によいと実感できましたので、今後も続けていきたいと思っています。

■感想
手軽にいつでもどこでも食べれるので、続けられそうです。

店長からのメッセージ

食べたものの消化、吸収、燃焼、排泄の代謝が順調にいかないと疲れがたまることがあります。
ハイゲンキで代謝が改善されると元気が出るという方もたくさんいらっしゃいます。
ハイゲンキには、酵素をはじめ各種ビタミンやミネラルも自然な形でたくさん含まれていますので、 よろしければぜひお続け下さい。
ありがとうございました。



1442 翌日から便秘解消、スッキリ感のある排便

2015-11-04 30代 女性

■お試し前
便秘、下腹部がポッコリ。
1日おきの排便で、スッキリ感がなく気持ち悪い。
筋トレ、ピラティスをしているのでスタイル維持に気を配っているが、下腹部だけどうしてもポッコリ出てしまっていた。

■食味
食べにくい。
個人的には、玄米酵素を牛乳や水で溶かして飲む方が好きです。

■食べ方
お茶で飲んだ。

■試し方
1日4袋を朝一番に飲む。

■お試し後
翌日から便秘解消。スッキリ感のある排便。
下腹部がペタンコになり、体重減少。
筋肉量の維持、肌のキメが違う。

■感想
本当に驚いています。
効果をこれ程短時間のうちに感じられるとは、とてもありがたいことです。
毎日スッキリ感のあるお通じになって、明るい気分で1日を過ごすことができますし、ムダなものをため込まず体も軽くなりました。

店長からのメッセージ

すぐに効果を感じていただけたようで本当によかったです。
日常のお食事の中で、食物繊維が少し不足していたのではないでしょうか?
食物繊維は腸内の善玉菌のエサにもなりますから、 ぜひこのままハイゲンキをお続け下さい。
腸内の水分が不足すると便が硬くなって出にくくなることがあるかも知れません。
そんなときは、朝起きた時など、室温のお水をコップ一杯飲んでみてください。
これからもよろしくお願いいたします。



1438 胃もたれが少し軽減され、息苦しさが少し改善されたと思います

2015-10-26 30代 女性

■お試し前
便秘や胃もたれが酷かったです。

■食味
味にクセがなく食べやすかったです。
薬なども、ちゃんと用法通り飲むのが苦手で飲みきれないのですが、美味しいので続きました。

■食べ方
白湯で飲みました。
香ばしくて少し甘みがあり、市販で売っているオールブランに感じが似ていて、ヨーグルトに入れても美味しかったです。

■試し方
だいたい、1日3食の後です。(1回1袋)
11日間

■お試し後
お腹にたまっていたガスがよく出て、おならがよく出ます。
胃もたれが少し軽減され、息苦しさが少し改善されたと思います。

■感想
届いたときは、たくさんの量だなあと感じましたが、あっという間になくなってしまったので、効果を確実に出すにはもう少し続けてみなくてはと感じました。

店長からのメッセージ

ガスがよく出る、胃もたれが軽減されるなどは、ハイゲンキの効果としてよく見られます。
食物繊維が豊富なので、腸内の善玉菌が活発になり、分解が促進されてガスがよく出るようになります。
また、消化酵素の働きで、胃もたれが改善されてきます。
すでに効果は見られているかと思いますが、ながく続けていただけば、さらに効果を感じていただけると思います。
ありがとうございました。



1436 体がとにかく軽くなりました

2015-10-22 30代 女性

■お試し前
色々代替療法をやってきてますが、ホルモンバランス。疲れはとれにくい。

■食味
香ばしく、きな粉に似てとても食べやすい。
固形よりは粒状の方が、年齢層広く使用できると感じました。

■食べ方
最初は水で飲んでいたのですが、水なしでも口の中でまとまる事に気付き、ゆっくり噛んで飲み込んでいました。
味噌汁に入れても味噌の風味が増して、美味しくいただけました。

■試し方
1日3回は仕事上行えなかったので、朝、昼と行いました。
以前よりお腹が空くのが早くなったような気がします。
朝は燃焼が高いために食前に食べて、朝食を食べるとすぐ満腹感を感じました。 昼は食後に飲むと、立ち仕事の私には消化がいつもより早く体が軽く、仕事に集中できるようになりました。

■お試し後
途中で風邪をひきましたが、これもすべてデトックスだと思い、悪いものが体内から出たように体がとにかく軽くなりました。
むくみが以前よりなくなったような気がします。

■感想
酵素ドリンクや酵素玄米を作っていただきたいです。

店長からのメッセージ

消化吸収が良くなり、腸内環境が整ってくると体も軽くなってきます。
ハイゲンキを飲み始めてから一時的に体調が悪くなることもありますが、途中経過ととらえていただければ幸いです。

実は、「酵素ドリンク」というものは可能性が低いです。
酵素が生きていれば、成分がどんどん分解されてしまい、すぐに変質してしまいます。
ちなみに、ハイゲンキを白いごはんにかけていただくと、数分で表面がどろどろとしてきます。
ですので、玄米酵素の酵素入りウォッシングパウダーも粉末で酵素の働きを一時的に止めており、ハイゲンキと同じように、水に溶けると働き始めます。

酵素玄米については弊社では知識がありませんが、本来の玄米の炊き方は、今の炊飯とはまったく違ったもので、現代人が圧力釜で炊くような玄米では、消化吸収ができないとも言われています。
※一部、神職のご家庭では古来の炊き方が残っているようです。

当店ではハイゲンキで皆様にご好評をいただいております。
お続けいただければと思います。
ありがとうございました。



ページトップへ